二十歳のグラフィティー ヒノキは知っていた

石塚としこの両親はケンカが絶えず、母は彼女が小6の時に一人家を出る。それからのつらい日々に、としこは父と母への憎しみを募らせるが、彼女の唯一の友はクリスチャンの前田義也だった。…

  【聴く】  前編  後編   【台本を見る】