いのちの電話物語2 ―死から命に―

友彦と優子は、若すぎるという理由で交際を反対され、二人が「死のハネムーン」と名付けた恋の逃避行が始まった…。江見太郎牧師「涙をもうぬぐってーいのちの電話は鳴りやまず」より脚色。

【聴く】  前編  後編   【台本を見る】