母と娘

高校2年の松本陽子の宝物は、心の中をなんでも話せる日記帳だったが、母がそれを読んでいたことが分かり、大ショック。母を赦せない彼女に、バスケ部の先輩でクリスチャンの尾崎さんは…。

【聴く】 【台本を見る】