劣等感

青春高の鈴木啓介と山田一郎は、仲が良かったが、鈴木は勉強もでき、自信家だった。ところが、試験で初めて山田に抜かれ、文化祭の役員にも皆の指示で山田が選ばれたことから…。

【聴く】 【台本を見る】