受験2

遠藤操は青春中3年。卓球の腕を買われて、女子名門の光陽大付属校に推薦入学が決まっていたが、生徒会活動のせいで取り消される。落胆した彼女は、思い立って落ちこぼれの二宮頼子に…。

編「偏差値よ、さようなら【聴く】 後受験地獄の向こう側」【聴く】 【台本を見る】