この指ドラマ館 テーマ〈戦争〉

2018年

8月

01日

消えた赤紙

村役場の兵事係をしている坂井俊夫は、配達するはずの召集令状(赤紙)を、不注意から紛失してしまう。それは彼の無二の親友、北川泰三の赤紙だった。それを知った北川がとった行動とは…。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2018年

8月

01日

約束の駅

女学生の中島はるえの兄2人は職業軍人。「桜橋の駅で再会する」約束を交わして出征した兄の同僚東郷は帰らなかった。はるえには、軍人の家族のゆえに周囲の反感を買う厳しい戦後の生活が。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2017年

8月

02日

戦争

戦争をカッコいいと思っていた青春高2年の長谷川晃一は、クラスメート伊藤直美に誘われて、彼女の祖父の戦争体験を聞く。クリスチャンである祖父の話に、晃一は戦争の恐ろしさを知るが…。

【聴く】 前編「アーミーシャツはかっこいい?」  後編「僕らの平和宣言」

【台本を見る】

2017年

8月

02日

償い

中国の前線を戦ってきた栗田が、帰国後味わった罪悪感。戦争だから仕方がなかったのか。自分はどう罪を償うべきなのか。悩んだ末に彼が取った行動は…。人の「罪の性質」を掘り下げて描く。

前編【聴く】  後編【聴く】 【台本を見る】

2016年

8月

01日

愛は死よりも強し

太平洋戦争中、クリスチャンの小野寺は、召集されたフィリピン戦線で、中隊長に撃たれたフィリピンの牧師夫人をかばい、負傷する。やがて捕まった中隊長の裁判で証人に立たされた彼は…。

【聴く】  前編   中編   後編   【台本を見る】

2016年

8月

01日

ただ真実を知る者のみ

太平洋戦争末期。牧師をしていた木下ルツ子の父が、特高に連行され、拷問死を遂げる。取り調べた検事は、ルツ子の友達、中村一郎の父。しかし、それは激しい迫害のほんの始まりだった…。

【聴く】 前編  中編  後編   【台本を見る】

2015年

8月

01日

沖縄物語ー傷跡

宮里洋子の家に、ある日、大城ふみ子と名乗る若い女が、必ず返す約束で郷里に帰る電車賃の無心に現れる。それきりだった彼女に偶然再会した洋子は、彼女の口から悲惨な沖縄戦の物語を…。

【聴く】  前編  後編   【台本を見る】

2015年

8月

01日

はるかなる国

堀口寿美江は、親友の横川友美に助けられて、敗戦の時、命からがら満州から引き揚げてきた。あれから四十数年、ある日、中国残留孤児のテレビニュースに、彼女はクギ付けになった。それは…。

【聴く】 前編  後編  【台本を見る】

2014年

7月

31日

青春特攻隊

青春中を卒業しスタンドで働いている山田貴夫は、在学中はツッパリの“アタマ”として鳴らし、先輩の勧めで右翼に入り、特攻服でアジ宣伝車に乗る毎日だった。その彼が変えられたのは…。

【聴く】 【台本を見る】

2014年

7月

31日

命、再び

上福岡バプテスト教会荒木寛二師のノンフィクション戦争ドラマ。太平洋戦争当時、広島に住んでいた荒木家は、運命の日、1945年8月6日を迎える。一家は無事だったものの、長男済(わたる)の体は…。

【聴く】 【台本を見る】

2013年

8月

01日

沖縄物語 -傷跡ー

宮里洋子の家に、ある日、大城ふみ子と名乗る若い女が、必ず返す約束で郷里に帰る電車賃の無心に現れる。それきりだった彼女に偶然再会した洋子は、彼女の口から悲惨な沖縄戦の物語を…。

前編 【聴く】 後編 【聴く】 【台本を見る】

2013年

7月

31日

はるかなる国

堀口寿美江は、親友の横川友美に助けられて、敗戦の時、命からがら満州から引き揚げてきた。あれから四十数年、ある日、中国残留孤児のテレビニュースに、彼女はクギ付けになった。それは…。

前編 【聴く】 後編 【聴く】 【台本を見る】

2012年

7月

27日

東京の空が燃えた日

敗戦の年1945年(昭和20年)3月9日、東京は大空襲を受ける。小学6年の石山優子は、母とともに逃げ惑い、厩橋にたどり着くが、辺りは火の海。母はクリスチャンなのに、その時、嫌がる優子を…。

前編【聴く】  後編【聴く】  【台本を見る】

2012年

4月

10日

沖縄物語-傷跡

宮里洋子の家に、ある日、大城ふみ子と名乗る若い女が、必ず返す約束で郷里に帰る電車賃の無心に現れる。それきりだった彼女に偶然再会した洋子は、彼女の口から悲惨な沖縄戦の物語を…。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

芋をもらえなかった少女

日本が戦争への道を歩んでいた1939年。10歳だった忍の父遠山牧夫は、教会役員古川の密告で信仰のゆえに拘置所に入れられてしまう。そこから忍母子の苦難の道が始まったが…。

前編【聴く】 中編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

暗闇に光を

韓国人女性キム・ミョンスクは、太平洋戦争中、日本軍によって、玉枝という名で従軍慰安婦として徴用される。そこで純朴な鈴木上等兵と出会うが、戦争は2人を引き裂き、やがて激戦のフィリピンで…。

前編【聴く】 中編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

間もなくかなたの

昭和20年7月、ガキ大将の敬太は仙台空襲で兄を失った。そして敗戦。村にアメリカ人宣教師がやってくる。敬太は兄の敵(かたき)を討とうと、その宣教師の後をつけるが…。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

君死なすまじ

国民学校教師、大原タキ子の同僚が治安維持法違反で連行された。終戦後、教科書を墨で塗るように生徒に指示しながら、タキ子は「教えること」に自信を失うが…。“この指”版「銃口」。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

傷跡の癒えた日

留学生の植村勇が行ったアメリカの教会。そこには、日本人が許せないと言う元軍人のロジャー・スミスがいた。戦争の傷跡を乗り越えようとするキリスト者を、実話を基に描く。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

祈りの目

太平洋戦争中、特高に連行された大宮牧師。愛国心と使命感に燃えて彼を取り調べる刑事「わたし」は、拷問を受けてもなお「あなたのために祈ります」と言う大宮牧師の態度に驚き…。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

命、再び

上福岡バプテスト教会荒木寛二師のノンフィクション戦争ドラマ。太平洋戦争当時、広島に住んでいた荒木家は、運命の日、1945年8月6日を迎える。一家は無事だったものの、長男脩の体は…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

青春特攻隊

青春中を卒業しスタンドで働いている山田貴夫は、在学中はツッパリの“アタマ”として鳴らし、先輩の勧めで右翼に入り、特攻服でアジ宣伝車に乗る毎日だった。その彼が変えられたのは…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

愛は死よりも強し

太平洋戦争中、クリスチャンの小野寺は、召集されたフィリピン戦線で、中隊長に撃たれたフィリピンの牧師夫人をかばい、負傷する。やがて捕まった中隊長の裁判で証人に立たされた彼は…。

前編【聴く】 中編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

戦争

戦争をカッコいいと思っていた青春高2年の長谷川晃一は、クラスメート伊藤直美に誘われて、彼女の祖父の戦争体験を聞く。クリスチャンである祖父の話に、晃一は戦争の恐ろしさを知るが…。

前編-アーミーシャツはかっこいい?【聴く】 後編-僕らの平和宣言【聴く】 

【台本を見る】

2012年

4月

06日

ただ真実を知る者のみ

太平洋戦争末期。牧師をしていた木下ルツ子の父が、特高に連行され、拷問死を遂げる。取り調べた検事は、ルツ子の友達、中村一郎の父。しかし、それは激しい迫害のほんの始まりだった…。

前編【聴く】 中編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

沖縄物語-傷跡

宮里洋子の家に、ある日、大城ふみ子と名乗る若い女が、必ず返す約束で郷里に帰る電車賃の無心に現れる。それきりだった彼女に偶然再会した洋子は、彼女の口から悲惨な沖縄戦の物語を…。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

東京の空が燃えた日

敗戦の年1945年(昭和20年)39日、東京は大空襲を受ける。小学6年の石山優子は、母とともに逃げ惑い、厩橋にたどり着くが、辺りは火の海。母はクリスチャンなのに、その時、嫌がる優子を…。

【聴く】 後【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

はるかなる国

堀口寿美江は、親友の横川友美に助けられて、敗戦の時、命からがら満州から引き揚げてきた。あれから四十数年、ある日、中国残留孤児のテレビニュースに、彼女はクギ付けになった。それは…。

【聴く】 後【聴く】 【台本を見る】