この指ドラマ館 テーマ〈受験と進路〉

2018年

2月

01日

進路

親の敷いたレールを走って、大学進学を目指していた藤波加奈子は、その生き方に疑問を感じ、北海道に1か月の牧場体験旅行に出かける。そこで彼女が体験したものは…。

  【聴く】  前編   後編    【台本を見る】

2018年

2月

01日

40万円の保証人

目指すT大に入れず、S大に入学した直哉は、無気力な3年間を過ごす。ある時、あこがれの根岸はるみに教会に誘われた直哉は、新しい生き方に目を開かれ…。

【聴く】  前編  後編    【台本を見る】

2017年

2月

01日

ある高校3年生の受験記

親がクリスチャンの会田政幸は、クラスの秀才坊や、中村陸に「教会に連れてってくれ」と頼まれたことから親しくなる。一方、悪友の木杉大樹は、寺の後継ぎになるよう父親に言われ反発するが…。

【聴く】  前編  後編     【台本を見る】

2017年

2月

01日

未来へ

高3の臼井雪は、父の突然の死で、受験を前に、生活のためアルバイトを始める。そこでクリスチャンの早川竜雄に出会った雪は、父の生前の求道を知り、困難に立ち向かう力を与えられ…。

【聴く】  前編   後編   【台本を見る】

2016年

2月

01日

主を恐れることは…

徳川一と親友でクリスチャンの武田悟は青春中3年の受験生。クラスのテストで、カンニングの疑いをかけられてしまう。これでは目指す高校には行けない。そんな時、父親がリストラに遭い…。

【聴く】 前編  後編   【台本を見る】

2016年

2月

01日

計画

石田香織は、あこがれの青春高校を目指して受験勉強の真っ最中だが、父親の急な転勤で一家で大阪に行くことに。両親とも大ゲンカした香織は、ある雨の日曜日、弟を迎えに教会へ行くが…。

【聴く】 前編  後編  【台本を見る】

2015年

2月

02日

み心

目指すT大に入れず、S大に入学した直哉は、無気力な3年間を過ごす。ある時、あこがれの根岸はるみに教会に誘われた直哉は、新しい生き方に目を開かれ…。

【聴く】  前編  後編  【台本を見る】

2015年

2月

02日

一本の道

浪人中の相沢隆は、リストラされた父親とラーメン屋を営む叔父を見るにつけ、大学へ行く意味が分からなくなっていた。受験をやめると宣言した隆に叔父が語った「人生を変えた人」とは…。

【聴く】 前編  後編  【台本を見る】

2014年

11月

01日

新世界

高校受験に失敗した村田恵子。滑り止めの青春高には受かったものの、なおも名門大学入学を強いる父の圧力から酒とディスコに逃れようとした彼女は、16歳の誕生日、大量の睡眠薬を飲み…。

【聴く】 【台本を見る】

2014年

10月

02日

見えないあしたに向かって

中3の高橋圭子は高嶺高校を目指して猛勉強中だが、親友でクリスチャンの小谷好美が家の事情で進学できなくても目標を持って頑張っているのを知り、なんのための受験か悩み始め…。

【聴く】 前編  後編  【台本を見る】

2014年

2月

01日

スランプ

高沢明宏は、医者の父の期待する名門進学校海星学院の受験に失敗。ランクの低い桜校に入学したが、挫折感で授業に身が入らない。クリスチャンの池野まゆみはそんな彼を見かね、ある日…。

【聴く】 【台本を見る】

2014年

2月

01日

受験1

大学受験で、友人の高橋や伊藤と共に最後の追い込る今村和彦。予備校の自己中心主義の雰囲気の中で、いつしか神を忘れそうになるが、その誤りに気づき、すべてを神にゆだねる決心をして…。

【聴く】 【台本を見る】

2014年

2月

01日

中間試験

野球にすべてをかけていた高2の中川淳一は、中間テストで2週間クラブ活動が停止になり大ショック。仲良しの宮崎恵子や母の励ましも聞かず、クリスチャンの山口孝夫に疑問をぶつけるが…。

【聴く】 【台本を見る】

2013年

2月

01日

命への渇き

青春高校3年の高橋誠は、受験勉強の日々の中で、次第にイライラを募らせる。一流大学を目指して、ハッパをかける教師と、母親。怒りを爆発させて外に出た彼は、ふと見つけた教会に入り…。

【聴く】 【台本を見る】

2013年

2月

01日

87点

中3の中川淳一は、数学が大の苦手。目前の中間テストに不安いっぱい。たまたま学校の焼却炉の中に数学の問題用紙を見つけた彼は、それを持ち帰って答えを調べ、テストに臨むが…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

受験てなあに?

沢口和子と有馬易子は青春中3年の親友同士。易子は和子に誘われて信仰の友にもなったが、頭のいい姉と同じ高校を目指し猛勉強を始め、和子や教会の先輩の渋谷悟の心配をよそに…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

先生1

青春高校3年B組の英語教師、加藤先生は一方的に授業を進めるので生徒の評判は最低。折しも最後の文化祭の準備で夜、学校に残っていた井上、山田、内野の3人に食べ物の差し入れが…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

夏を制する者は

今井洋一は高校3年で受験勉強の真っ最中だが、詰め込み主義の勉強に嫌気がさし、友達の大塚安志や母親の忠告も聞かない。だがクリスチャンの青山先輩の体験談を聞いたり父の病で…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

新学期2

青春高校1年の渡辺和子は、新学期が始まっても勉強に身が入らない。志望校の第一高校に入れなかったためだ。それが高じて何もかも嫌になっている彼女を心配した新任の鈴木先生は?

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

エス・アイ・エヌ

中2の進藤由紀子は、クラスでひそかに好きな佐藤裕二から年賀状の返事が来て有頂天。親友の由美に話したのが聞かれてしまいクラス中のうわさ。でも裕二に冷たくされ落ち込んだ彼女は…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

いずこへ

来年高校受験を控えた土屋恵美と吉田綾子。親友同士なのに性格は正反対で、綾子は楽天家だが恵美は受験が心配でたまらない。三者面談のあと、恵美は偶然クリスチャンの藤沢牧夫に会い…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

さようなら 啓介

土田啓介と根岸ゆかりは、青春高校3年で共に大学を目指すラブラブ同士。だが、クリスチャンになったゆかりは日曜朝の礼拝を守るため予備校に出られず、受験に失敗。二人には別れの時が…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

卒業式

青春学園中等部3年の宮原恵子は、卒業式行事の責任者になって張り切るが、事故で入院するハメに。卒業後自分だけ他校に進学することもあり独りぼっちの彼女を、ある日山内先生が見舞い…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

10日

決別

2の平野三紀は遅刻の常習犯。父も母も家を空けることが多く、寂しさから悪い仲間と夜遊びをするようになったためだ。だがやっと抜ける決心をした三紀は仲間に脅され、恐怖に震える中で…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

In The Beginning...

高校入試を目前にした中3の木村ゆかりは、新年早々成績のことで母と口論になり、家を飛び出すが、男には絡まれ、泊まる所もない。そんな時、偶然教会学校の時の金井先生に出会い…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

再会

吉野健一は、必死の受験勉強で臨んだ高嶺高に落ち、青春高校に入ったものの、喪失感は大きい。好きだった藤川恵子と久しぶりに再会したのに冷たくされ、自暴自棄になった彼は…。

【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

奪われた遊び

青春中学年の石田純子は、塾の斉藤光先生に、「よく遊べ」と言われ、親の言うままに勉強一本で遊びを失った自分の姿に気づく。そんな時、東山俊夫と知り合った彼女は、急速に堕ちていくが…。

編「夜の公園【聴く】 後もがき【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

受験2

遠藤操は青春中3年。卓球の腕を買われて、女子名門の光陽大付属校に推薦入学が決まっていたが、生徒会活動のせいで取り消される。落胆した彼女は、思い立って落ちこぼれの二宮頼子に…。

編「偏差値よ、さようなら【聴く】 後受験地獄の向こう側」【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

一枚の地図

松本真紀は青春高校2年生。ボーイフレンドの田代君にフラれ、絶望で精神のバランスを失い、交通事故に遭う。病院を抜け出した彼女は、大学生の西山に会うが、彼が話してくれたのは…。

前編【聴く】 後編【聴く】 【台本を見る】

2012年

4月

06日

受験Ⅳ

三宅真由子は受験を控えた中学3年生。だが自慢の息子、彼女の兄を、念願の東大に入れた直後に病気で亡くした母は、娘の大切な進路を前に、虚脱状態。ある日、ラーメン屋に入った二人は…。

前編「兄の青春【聴く】 後編「私の道【聴く】 【台本を見る】